エスティマハイブリッド修理(修理の詳細は後日アップします!!)の代車として、クラウンハイブリッドアスリートSがやってきました!! この機会を逃すまいと思い徹底的に運転してみる事にしました!! さすがクラウン!!高級車です!!詳しくは以下にて…。

 

トヨタ クラウン アスリート

 

■デザイン


デビュー当時、賛否両論のフロントマスク。変更は加えられているものの見慣れてくるとカッコいいなぁと感じるデザインだと思いました。

 


運転席。革張りシートでクッションも十分にあり座り心地の良いシートでした。前方の見晴らしも良くフェンダーのデザインのおかけで左右の見切りがしやすかったです。

 


ダッシュボード。オーソドックスなデザインという事もあって見やすかったです。特に中央の液晶画面とエアコン画面はタッチパネルでスッキリしてて使いやすく、お掃除も楽チンだなと思いました。タコメーターがあればなお良いのにと思いますが好みの問題ですね。

 


後部座席。こちらもクションがたっぷりあるので座り心地良かったです。トヨタ車のセダンは大抵髪の毛が天井に触れて不快でしたが、クラウンアスリートは若干の余裕があり大丈夫でした。さすがクラウン!!

 


リア外観。リアドア、リアタイヤハウス、リアバンパーと綺麗に纏められているなと感じました。ランプの処理がバブルの頃の自動車っぽいと思いましたがいかがでしょうか?

 


エンジンルーム。恥ずかしならエンジンルームを見るまでは直4の2500ccとは知りませんでした…(^^;) V6にしてはエンジンフィーリングがイマイチだなと思っていたのですが、エンジンルームを見て納得です。

 

■インプレッション

それでは走行の感想に移りたいと思います、今回は中・低・高速走行しましたので、皆さんの参考になれば幸いです。m(_ _)m

 

運転して直ぐ感じたのは、ハンドル操作の軽さでした。エスティマハイブリッドがリジカラ装着でドッシリと重くしっかりとしたフィーリングになってしまったので、さらに軽く感じたのかもしれませんが、それを差し引いても軽い!! せめて高速域でもいいのでもう少し重くした方が良いのではと思います。高速域では軽すぎてとても緊張しながらの運転でした…。しかし軽さ以外は不満はありません。回した時のスムーズさとしっかりとした感じは、高級車と言うだけのことはあるなと思います。

 

乗り心地はアスリートとあって少し硬めだなと感じました。路面からの凸凹を良い意味でしっかり伝えてきます。しかし不快な微振動は感じませんでした。高級車なのでもう少し柔らかくても良いのかなと思いますが、そこは他のグレードをという事なのかもしれませんね。

 

パワートレーインのフィーリングですが、スムーズに動いているなと感じますが、エンジンのフィーリングは力強さが感じられすあまり気持ちがいいものではありませんでした。しかし、モーター走行の時は感動するくらいウルトラスムーズで素晴らしかったです!! モーターが素晴らしいのでエンジンが物足りなく感じてしまうかもしれません。ハイブリッドの悩ましい所ですね。

 

ブレーキのフィーリングですが、回生と油圧の切り替わりが分からず、違和感のない素晴らしいフィーリングですが、停止直前に少し「ガクガク」するのが勿体無く感じました。カックンブレーキにならないように優しくブレーキを踏めばそのような兆候は見られなくなりますが、コツが必要というところに勿体無さを感じます。

 

ボディー剛性に関しては走行中正直分からなかったです。しかし、ドアを閉めた時に発する「ドスン」という低音には感動しました!! やるなクラウン!!

 

素人なりに色々と述べさせてもらいましたが、なんだかんだ言ってもクラウン。高級感に溢れる素晴らしい車でした。特にハイブリッドでモーター走行ができるところが高級感を押し上げていると思います。いつかはクラウンというキャッチフレーズがありますが、いつの間にか私自身もそのきにさせられていました…。恐るべしクラウン!!(^^;)