思いもよらず現行型プレミオを運転することになり、せっかくなので試乗レポートします。先代のプレミオはよく運転するので、良い勉強になりました!! 最近トヨタ車の試乗が多いような…。続くときは続きますね。不思議です。

 

トヨタ プレミオ

 

■デザイン

premio001
フロント外観。セダン!!って感じですね。

 

premio002
運転席。座席高いな~と思ったら、一番高い位置になってて、一番低い位置に降ろすといい感じに。たまには屋根が低い車も良いもんです。座り心地は可もなく不可もなくごくごく普通でした。

 

premio003
ダッシュボード。オーソドックスなデザイン。私は好みです!! タコメータがあるってやっぱりいいですね。メーター中央には液晶があって。色々な情報が見やすく表示されるので感心しました。エアコンの操作パネルはトヨタ車定番のデザイン。シンプルな液晶に、シンプルなボタン。そしてそのボタンのいくつかには黄緑色に光るLEDがあってと、昔からこのデザインですよね。このデザインを見ると、トヨタ車だな~っていつも思います。

 

premio004
後部座席。写真は撮ったのに、なぜか座り忘れてしまいました。(^^;) バカですね~。反省です。すみません。m(_ _)m

 

premio005
リア外観。後ろから眺めるとなかなか高級感がありますね。

 

premio006
トランク。大きなトランクでした。これなら買い物に出かけても困らないと思います。ただゴルフバックは2個が限界かも。

 

premio007
エンジンルーム。意外と広めでした。試乗車は1500ccです。

 

■インプレッション

というわけで、試乗した感想に移りますが、今回は長い距離を中速域までスピード出せて走れたので、実際の運転に近い状況での感想になると思います。

 

まず、エンジンですが、必要にして十分だと思いますけれども、急な上り坂ではやはりパワー不足を感じます。でも不満はそれだけです。不快な振動はなくすっきり回る良いエンジンです。アクセルレスポンスは鋭くなく鈍くもなく普通でした。ただ、ブレーキペダルはストロークが長めなので、踏み込まないと制動力が立ち上がりません。しかし、慣れれば大丈夫です。制動力は十分あると思います。

 

ハンドルのフィーリングは少し重め。でも、いい感触です。女性でも大丈夫な重さだと思います。しかも滑らかに回転するので高級感もありました。先代のプレミオからレベルアップしてます。路面から十分なフィーリングが伝わってくるので、意外と運転してて楽しかった!!

 

乗り心地はなかなか良かったです!! 路面の凸凹をコトンコトンといなして不快な振動をほとんど抑えていました。しっかりした感じなんだけど固い乗り心地ではないです。このクラスの車としては上出来ではないでしょうか。

 

また、トヨタ車でいつも感心することがあって、それは、トランスミッションの操作で、バックやドライブにシフトレバーを入れた時、衝撃がほとんど無いことです。どのトヨタ車でもそうなんです。小さなことかもしれませんけど、不快な衝撃が伝わってこないので、いつも感動します!! 本当凄いと思います!!

 

プレミオなかなか出来が良かったです!! シエンタの時も感じましたが、いまさらかもしれませんけど、トヨタ車ってやっぱり乗り心地がいいですね。最近色々なメーカーの車を試乗するようになってだんだんわかってきました。だからトヨタ車がよく売れるかも…。もちろん他社でも良い乗り心地の車があるってことは重々承知していますのであしからず…。(^^;)