妻がエスティマハイブリッドに乗ると必ず車酔いするので(運転してると酔わない…)どうにかしたいと思っていました。ショックを交換しようかと思いましたが、意外と高くて手が出せない…。そのような時にハンドルの安定と、乗り心地の向上がはかれるリジカラを思い出し、エスティマハイブリッドの場合は費用が安くなるので(リアが左右で2個だけ)、取り付ける事にしました!!(^^)d

 

リジカラ

 


取付の為にタイヤを外した所。相変わらず宇宙船みたいです。シュターク本店で取り付けました。(ブログに取り上げてもらいました!!)

 

シュターク ブログ

 


取り寄せたリジカラ。フロント用です。金属のパーツなんですが、サブフレームを正しい位置に、しかもボディとの結合を強くするというパーツですね。

 


リア右側。取り付け後の写真。リジカラはまっていますね。フロントは作業が終了していたので、取り付けた写真取れませんでした。(シュタークのブログには掲載されてました!!)

 

 


こちらはリア左側。こちらもちゃんとはまっていますね。

 

■インプレッション

取り付け後ですが、ネットで賛否両論ありますけれども、私の場合というかエスティマハイブリッド(AHR10)の場合は大きく変化しました。変化した事柄を取り上げますと、

●ハンドルがどっしりと重くなり、良い重さのフィーリングに変化!!
取り付け直後はとても重くなって、こりゃ失敗だったかなと思いましたけど、日に日に重さは取れていき良い重さのフィーリングだけが残っていきました。駐車している時のハンドルの重さも、タイヤの当たりが馴染んできたからか重さが取れて行きました。この時リジカラ取り付けて大正解だと確信しました!!
高速域ではこの重さが良い方向に働き、どっしりと重く尚且つビシッと安心感を伴って真っ直ぐ走って行きます。この時は本当に感動しました!!

●芯が通ったしっかりした乗り心地に変化!!
取り付け当初ハンドルと同じく、重いというか硬い乗り心地になってしまい、同じく失敗したかもと思ったんですけど、やはりハンドルと同じく日ごとに乗り心地の硬さが取れていき、妻も認めるほど芯の通ったしっかりした良い乗り心地になっていきました。
ただ、取り付け当初から段差を乗り越えた時の感触は、滑らかで不快な感じは無く、素晴らしいフィーリングに変わっていた事は付け加えて起きます。

●アイドリング時を含めてエンジンの回転が気持ち良いフィーリングに変化!!
取り付けてからしばらく経ってですが、信号待ちでエンジンの不快な振動がなくなっている事に気付き、それから徐々にエンジンの回転フィーリング以前より気持ち良くなっていきました!! これは嬉しい誤算でした!! カップホルダーの飲み物から変な音がしなくなり快適です!!

 

リジカラを取り付けて分かったことは、取り付けてからしばらく経って評価した方が良いという点です。今回、私の評価は取り付けてから2ヶ月経ってまとめております。取り付けてから日ごとにフィーリングが変わって行きましたので直ぐには評価しない事にしました。

 

他に分かった事は、フィーリングが日ごとに変わっていくという事は、取り付ける事でサブフレームが正しい位置となり、ボディとしっかり結合される事から、各箇所の動きに変化が起き徐々に馴染んていくという点です。停車時のハンドルの重さが徐々に取れていった事がその証拠だと私は思っています。

 

現在のハンドルや乗り心地のフィーリングを改善したい方にリジカラはおすすめだと思います。ノーマルのショックでも大幅に変化するので、リジカラの取り付けは費用からしても大成功でした。ただ、車種によると思うので、大きな期待を抱くのは禁物かもしれません。

 

ちなみに、妻の乗り物酔いはリジカラで解決する事は出来ませんでした。乗り物酔いを改善するには車高調で重心を下げる必要があるかもしれません。何とかしたいんだけど、先立つ物がないので当分はこのまま我慢してもらうしかありません…。(^^;)