本文は下記に掲載しています。




ミニバンに買い替えるべきか悩んでいますが(先立つものもありますし…)、ふとフリードハイブリッドに試乗していないことに気が付いて、このような機会は中々ありませんから、これは試乗するしかないでしょ!?という事で、ホンダディーラーへ…。(変なこじ付けで正当化している…。車バカは治りません…。(^^;))

 

ホンダ フリード

 

■デザイン

freed_hybrid001
フリード ハイブリッド(6人乗り)

 

今日気が付いたんですが、デビュー時や、ハイブリッド追加時と比べてフロントマスク変更されてますね。太いメッキグリルは最近のホンダ車の特徴だな~と感じました。今のほうがカッコ良いし品があって私は好み。

 

freed_hybrid002
インパネ やってしまった…。ハンドルがメーターに被っている…。慌ててました~。(^^;) 以後気を付けます。m(__)m

 

エンジン車との違いはメーターですね。左側にバーグラフのタコメーター、中央にデジタル表示スピードメーターとマルチインフォメーション・ディスプレイ、右側にモーターのインジケーターです。今までハイブリッド車とは無縁だったのでモータのインジケーターは非常に興味深い!! 加速時はアシスト、減速時はフルチャージというのは当たり前ですが、巡行時は少しだけチャージするんですね!! 勉強になります。

 

他にはアイドリングストップすることがあげられます。本日はメーター表示で気温29度、エアコンONでしたので、ほんの少ししかアイドリングストップしませんでしたけど、エコのため一生懸命制御していました。この時に分かったんですが、アイドリングストップ時は送風になりますね。IMAシステムのフリードハイブリッドは従来のコンプレッサーだそうです。ヴェゼルハイブリッドはアイドリングストップ時でもエアコン作動してたので期待していたんですが…。ハイブリッド車なのに電動コンプレッサーを採用しないなんてもったいない…。スポーツハイブリッドi-DCDでは電動コンプレッサーが採用されているので、次期フリードハイブリッドでは改善されること間違いないですね。まあ、今のままでもそれなりに冷たい風が出てくるので、問題有るかと言われれば問題無いです。気にし過ぎかも…。

 

freed007
エンジンルーム(前回使用した写真ですが…。)

 

前回投稿 ホンダ フリード 試乗

ホンダ フリード 試乗

 

■インプレッション

外観や内装等の感想は前回投稿に記載しているのでここまでにして、以下は試乗の感想です。(^^;)

 

まず、運転フィールですが、さすがハイブリッドとあって出だしはスッと滑らかに動き始め、その後もスッーと加速し続けて希望の速度になります。この感覚は高級感があって良いですね。しかしパワー感はあまりありません。少し物足りないです。もう少し力強さがあってもいいなと思いました。急な上り坂も登ってみましたが、やはり少しパワーが足りないかな~と感じます。妻のアイディアで乗り比べるためにその後ガソリン車にも試乗したんですが、上り坂での力強さは体感的にはガソリン車とあまり変わりません。中々ガソリン車頑張ってます。しかし、どちらが良いかと言われれば、ガソリン車も良いんですけど、私はスッーという滑らかなフィーリングのハイブリッド車ですね。高級感がある質感にひかれてしまいます。

 

ブレーキは回生制御がされているにも関わらず違和感は感じられず自然なフィールです。制動力も十分出ています。でも、妻は止まる寸前に強く効きすぎてカックンとなるのが運転しにくいと不満でした。私はそう感じなかったんですが…。けれども、ハイブリッド車のブレーキ時にバッテリーを充電している感覚って新鮮で楽しいです!! エネルギーを回収できるって素晴らしい!!

 

ハンドルは軽くて滑らかそのもの。ガソリン車も軽くて滑らかでしたが、ハイブリッド車はさらにその上を行きます。しかし、軽すぎるって感覚ではありませんし、路面からのフィーリングも十分伝わってきます。妻に好評でした。女性でも運転しやすいと思いますので、ハイブリッド車のセッティングに軍配が上がると私は思います。ミニバンは女性にやさしいセッティングのほうが良い!!

 

乗り心地は、非常に良いです!! ガソリン車も路面の凸凹の衝撃をトントンといなし、不快な微振動をだいぶ抑え込んでいますが、ハイブリッド車はそのガソリン車のフィーリングの角を丸くしたフィーリング。妻の表現を借りれば、ガソリン車に厚いクッションを足したような感覚で、不快な微振動はほぼ抑え込まれていると思います。新型ステップワゴンよりも良いのではないでしょうか? プレマシーのほうがほんの少し上品ですが、フリードハイブリッドもなかなかの実力です。「フリードハイブリッドたくさん納車しましたが、多くのお客様から乗り心地好評です。」と営業マンが述べてました。ウソ偽り無しだと思います。この乗り心地はとても素晴らしい!!

 

運転席からの見晴らしは高すぎず低すぎず、視界がとても開けてて好感が持てますし、2列目シートの座り心地が運転席や3列目シートと比べて意外と良かったりと、今回の試乗でフリードの良さをたくさん発見できました。なかなか良いぞフリード!! さすが売れ続けているだけの事はある!!

 

近々年次改良がおこなわれるようです。今月契約で来月納車だと低金利が受けられますよと言われてて、もしかして、フルモデルチェンジ間近か!?と思い、新型まで待ったほうがいいかと悩んでいましたが、しばらくはフルモデルチェンジなさそうです。

 

となると、年次改良の内容が気になりますが、営業マンは若干の変更程度ですよと述べてましたけど、あくまでも私の予想ですが、新型シエンタの発表に合わせて年次改良がなされると思うので、新型シエンタにあってフリードに無いもの、つまり安全運転支援システム ホンダセンシングが搭載されるのではないでしょうか?

 

もう少し大胆に予想すると、燃費性能で負けないためにスポーツハイブリッドi-DCDが搭載されるかもしれません。先代ステップワゴンで燃費性能を向上させるため、マイナーチェンジでアイドリングストップの追加と、トランスミッションを新型CVTに変更したことがあったので、あり得る事ではないかな~と思っています。

 

そうすると、年次改良まで待ったほうが良い!? いやいや、あくまでも大胆予想でした…。(^^;) 今回は妻が主役で私は脇役ですから、妻の判断を待ちたいと思います。(^^) それにしてもフリードハイブリッドの試乗楽しかったな~。(^^)d