今月発売されたジェイド。ヴェゼルを試乗した後「よかったらジェイドも試乗しませんか?」と勧められ、発売されたばかりの新型車だしヴェゼルと比較もできるので、ジェイドも試乗することにしました!!

 

ホンダ ジェイド

 

■デザイン

honda_jade001
フロント外観

 

honda_jade002
運転席

 

ヴェゼルとは違って斬新なデザインのインパネ回りでした。室内も明るくて広々した印象を受けヴェゼルと全く違います。

 

興味深かったのは、安全装置のカメラでとらえた道路標識をメータ内で表示してくれることです。上の写真のメーター左側赤丸2つがそれです。道路標識と同じマークが出てきます。

 

ナビと連動しているのかなと思ったんですが、ナビは起動していなかったので、ヨーロッパ車にこのような機能があるのを思い出しました。ヨーロッパでは街中で法定速度の順守が徹底されているそうで、それを促すために道路標識をメーターに表示しているそうです。確かに安全運転を心がけようと言う気持ちになりましたので、とても良い機能だと思います。

 

写真を撮り忘れてしまったんですが、2列目は2席でV時に前後動かせて、中央に3列目への通路が作れるというこれまた斬新な作りでなるほど!!と感心しました。ベンチシートを潔く切り捨てて2席のキャプテンシートにしたことに好感が持てました。3列目がありますからね。

 

3列目はさすがに狭いと思います。子供たち用と割り切ったほうがいいかも。頭上は天井では無くハッチバックドアの窓ガラスですから、さすがに大人には厳しいです。

 

honda_jade003
エンジンルーム。ヴェゼルと同じ直噴式のパワーユニットだそうです。同じでも車種によっては補機類の収め方は違いますね。

 

■インプレッション

試乗なんですけれども、ジェイドもお店周辺の短距離を低速でしか運転できなかったし、どうしてもヴェゼルとの比較になってしまうので、参考になるかはわかりませんが記録として残します。

 

運転してみるとジェイドは全体的に軽やかな印象を受けます。ヴェゼルで感じたアクセルオン・オフによる前後の揺れは感じられず実にスムーズです。リコール問題等がありましたが、このハイブリッドシステムはだいぶ改良されていると感じました。この制御がヴェゼルに反映されればもっと良い車になるはず!! アクセル操作を気にせず軽やかに運転できます。ヴェゼルと比べて軽いからなのかなとも思ったのですが、ジェイドが200kg重いですので、ハイブリッドの制御が素晴らしく良くなったのだと思います。

 

乗り心地もヴェゼルよりも良くなっており、嫌な印象は全く受けません。路面の凸凹の衝撃もコトコトと吸収していました。また、背の低い車なので左右の揺れもほとんど無くて、背の低い車ってこのような動きだったよな~って思い出してました。ヴェゼルって左右に揺れないなって思ってましたけど、ジェイドと比べるとジェイドのほうが揺れは小さいです。

 

気になったところは、運転席のメーター。斬新なデザインですが、日光の写りこみがあり昼間は若干見えにくくなります。気にならない方もいらっしゃると思いますが、私は少し気になります。慣れの問題かもしれませんが…。また、3列目シートの頭上はハッチバックドアの窓ってのも、う~んってな感じです。

 

しかし、内装、動力性能、乗り心地、運転フィールとどれも軽やかでさわやかな良い印象を受けました。外観も大きなタイヤと相まって高級感が出ています。3列シートがあって車体が低い車が欲しいって思っていらっしゃる方にはピッタリな車だと思います。(^^)d