メルセデス・ベンツ Cクラス 試乗 デザイン、質感、走行フィーリング素晴らしいです。

久しぶりにプライベートで時間がとれたので、前々から気になっていたCクラスに試乗してきました。やっぱりヤナセに入るには勇気が要ります…。でも、思い切って試乗しに行って良かった!! まずは外観や内装など…。

 

メルセデス・ベンツ Cクラス

 

■デザイン

mercedes-benz-c-class001
フロント外観。実物はカッコよかった!! バンパーは複雑な形状。グリルのマークがでかい…。

 

mercedes-benz-c-class002
運転席。狭いのかなと思いましたが、実際はちょうどいい空間。シートは私(174cmのデブ…)としては若干大きめ。座り心地は包まれる感じでとても良かったです。電動シートなので好みの位置に微調整できるのがグッド!! ドアパネルにスイッチがあり操作しやすい!! シート側面よりドアパネルにスイッチがあったほうが良いですね。

 

mercedes-benz-c-class003
メーター周り。2つのメーター間に液晶画面があるのは最近の定番ですね。見やすくて分かりやすい。ハンドルは適度に柔らかくは太目で私としては丁度良いサイズ。シフトレバーはハンドル右奥で、方向指示器はハンドル左奥。久しぶりに外車を運転するので、方向指示器を動かすつもりがシフトレバーを動かしてしまうというお約束の操作ミス…(^^;) このシフトレバー、上げれば後退、下げれば前進、先端部分を押せばパーキングで、戸惑いましたけれども慣れれば操作しやすいです。(^^)d また、フロントガラスに方角や速度が表示されるヘッドアップディスプレイは、見やすくて未来感を味わえて好印象でした。ドライバーしか見えない仕組みになっているのは、同乗者の視界確保のための配慮だそうです。

 

mercedes-benz-c-class004
後部座席。少しタイトですけど、適度な硬さのクッションで座り心地はグッドです。天井は低いですが、座高が高い私でも髪の毛が天井に当たることはありませんでした!!(^^)d

 

mercedes-benz-c-class005
リアドアパネル。室内からドアを開けるとき、レバーがとても軽いことに驚きました。ドアは軽量化されているとのこと。最初は違和感を感じましたが、よく考えると開けやすいわけだから、これはこれでありかもしれません。お子さんや女性に喜ばれるかも。しかし、外から閉めた時の音が、軽量化されているのに「ズドン」と重厚感ある音がするんですよね~。さすがメルセデス・ベンツ。ボディー剛性がある証拠です。

 

mercedes-benz-c-class006
エンジンルーム。バルクヘッドがメルセデス・ベンツって感じ。試乗車は直列4気筒2000ccターボエンジン。カタカタとディーゼルのような音がしたのは意外でした。コンピューターはやっぱりエンジンとバルクヘッドの間に有ります。どうしても気になってしまう…。骨格はアルミの部分があり軽量化が見受けられますが、ボンネットを閉めるときに、また「ズドン」と重厚感ある音。ボディー剛性があるんだな~と感心します。

 

一番気に入っているリア外観を取り忘れてしまいました…。大失敗。バカな私です…(T-T)

 

■インプレッション

外観や内装の感想はここまでにして、試乗の感想へ移りたいと思います。試乗車はC200アバンギャルド パッケージオプションAMGライン装備車。今回は残念ながら低速走行のみの試乗でした…。ご了承下さい。m(_ _)m

ページ:

1

2


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ブログの記事をまとめた書籍をAmazonで出版!!



メルマガ


944S2の近況、メンテナンス記録、WEBページ更新などをお伝えしようと思ってます。よかったら是非ご登録下さい!!

メンテナンスが有り次第、随時メルマガ発行致します!!