思いかけずクラウンマジェスタを運転しました!! いや~嬉しかったです!! 運転することがありえない車ですからね~。現行型ではないので試乗としていいのか迷いましたけれども、特別枠ということで…。(^^;) 短い走行でしたが、せっかくなので感想をアップします。

 

トヨタ クラウン マジェスタ(5代目 S200型)

 

■デザイン

crownmajesta001
フロント外観。黒塗りですし高級感ありますね~。

 

crownmajesta002
ダッシュボード。オーソドックスなデザイン。コンパクトにまとめられてて操作しやすかったです。ハンドルの木目の感触が新鮮でした。

 

crownmajesta003
運転席。位置の調整はすべて電動。さすが高級車です。電動って微調整できますから素晴らしいですね。ほぼ満足の位置て運転できました。

 

crownmajesta004
後部座席。クラウンでもマジェスタとあって広々としてて快適です。少し役員気分を味わえました。(^^;)

 

crownmajesta005
リア外観。シンプルなデザイン。高級感があって品があります。私は現行型よりこちらが好みかも。

 

■インプレッション

運転した感想ですが、やっぱり高級車ですね~。室内静かです。エンジン音もだいぶ抑えられてて心地よい音しか聞こえてきません。トランスミッションの変速も全く分からず、実に高級感がただよう上質な走行フィールです。ちなみにトランスミッションは8速だとか。すごいね~。

 

ハンドルのフィーリングは、すっきりした素直な感じ。変な癖は全くありません。当たり前か~。カーブを曲がるときスーッと曲がり、ロールはせずフラットな感じです。スポーツカーみたい!! 乗り心地もしっかりした感じで、路面からの凸凹をトントンと吸収します。もちろん不快な振動は感じません。以前のクラウンはゆったりロールしてフワフワした乗り心地だったと記憶してますが、絶対5代目マジェスタのセッティングがイイ!! 乗り物酔いしなくてすみますしね!! 調べてみるとエアサスなんですね~。しかもアクティブ制御しているようです。それで車両がフラットに保たれているのか~。エアサス見直しました!!

 

エンジンパワーは十分すぎます。何ってたって4.6L!! 余裕の走りです!! アクセルを踏み増せばスーッと加速し始め非常に心地よい!! ブレーキフィーリングもカチッとしてて、制動力が足りないとは感じませんでした。パワフルなエンジンを搭載しているんですから当たり前ですよね。

 

ただ1つだけ気になる点があって、スタート時のアクセルレスポンスが悪いことです。アクセルを踏んだら少し間があって加速するんです。クラウンはゆったり運転するものかもしれませんが、アクセルを踏んだらすぐにスーッと動き出すセッティングのほうが運転しやすいと思います。力強くグッと動き出すのではなく、あくまでもスーッと動き出すセッティングです。そのほうが気持ち良く運転できるはずです。

 

でも、気になるのは上記だけです。それ以外は型落ちとはいえ十分に素晴らしく、性能はまだ第一線級です。やっぱりコストがかかっている車はレベル高い!! 国産メーカーのレベルは輸入車に追いついてますね。後は個人の好みの問題だと思います。

 

今回クラウンマジェスタを運転してて、メルセデスベンツのCクラスに改めて試乗したくなってきました。以前から気になってたんです。街中で見かけると思わず見入ってしまうんですよね~。他と比べて質感が違うように感じるんです。レクサスの営業マンが、メルセデスベンツは部品にコストがかかってて、レクサスは見習う必要があるって言ってました。その時は軽く聞き流してましたが、、現行Cクラスが出てきたときは確かにそうかも!!って思うようになりました。けれども、ヤナセに行くには勇気がいるんですよね~。(^^;) でも、近いうちに行ってこようと思います。(^^)