本文は下記に掲載しています。




今年もダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントを観戦しました!! ゴルフ観戦も毎年の恒例行事になりそうです。今回は去年の反省を踏まえ、家族では私だけで行ってきました。(^^;)

 

前回掲載 2015年 3月 8日

第28回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント観戦

 

daikin_orchid2016_002
会場で頂いたパンフレット。

 

daikin_orchid2016_001
3日目の組み合わせ表。

 

今年は色々と忙しく行く予定ではなかったんですが、勤務先のとても偉い人からお声がかかり、随行することになったんです。けれども、随行して良かった!! というのも、招待状があったので会場内に駐車でき、そのまま入場できたからなんです!!

 

去年までは一般客だったので、与那原の東浜に駐車してシャトルバスで会場入りしていたもんですから、なんて楽ちんなんだと感動!! また、一般とは別の入り口から入場できたので、一般客と招待客ってここまで違うのか!!と、思い知らされました。なんだか複雑な気持ち…。あっ!!でも、私はあくまでも随行ですからね。一庶民にすぎません。(^^;)

 

3日目に行くのは初めてだったんですが、最終日と比べてギャラリーも少ないので、ゆったりみられて良いなと感じました。3日目の観戦お勧めです。(^^)d

 

プロのプレーをみてて感じたことは、プロだってミスはするし、メンタルの動揺ってあるんだなって事です。意外とダフってたり、アプローチやパットをショートしてたりしてます。なんだか励まされました。(^^) しかし、スイングはやっぱり素晴らしく、ここぞって時にはパットを決めてきます。やっぱりプロはプロですね!!

 

今回は18番グリーン回りで観戦してたんですが、興味深かったのは、組によってギャラリーや選手の取り巻きが変わってくる事です。地元出身でアマの新垣比菜選手やイ・ボミ選手のギャラリーは多かったし、上位の組になってくると、ギャラリーはもちろん、大会関係者やカメラマンが増えてきて、独特の緊張感が出てきます。上位の選手は色々なプレッシャーの中で戦ってます!!

 

また、18番グリーンは奥にこぼれるよう罠が仕掛けられてるように感じました。

 

というのも、テレビでは分かりにくいですが、奥が少し高い2段の受けグリーンだけれども、2段目だけは少し下がっています。そして芝は、芝目が強い高麗芝なんですが、その芝目がグリーン奥に向かって順目になっているんです。18番ホールはパー5としては距離が短いので、2オンねらえる訳ですが、グリーンにボールを止めることができなかったら、順目ですから奥にこぼれてしまうんですね。

 

観察していると、こぼした後のアプローチも難しそうで、グリーンが下りになりますから、短いアプローチになりますけれども、次は逆目になるので、ほとんどがショートしてました。なので、3オンでバーディー狙いが多かったです。アプローチは高い球でドスンと落としてボールを止めるのが、正しい攻略法なのかもしれません。

 

ただ、チャレンジしてくるプレーヤにはご褒美を与えるのが、コース設計の基本と設計士が話してくれたことを思い出しました。この18番ホールに当てはめるなら、2オンできたら、楽々バーディとれるわけですね!! う~ん…、ゴルフって奥が深いです…。

 

それから、木戸愛選手のプレーが見れたことも良かった!! 人生のどん底だった2012年。日本女子オープンで優勝争いで、集中しつつ生き生きとしたプレイに、とても癒され励まされたんです!! 当時の事を思い出し、感慨深かった…。

 

あぁ~、観戦してるとゴルフしたくなってきました。でも、最近何かと忙しく1年以上ゴルフしてないんですよね…。近々レンジやショートコースに行って練習しなくては…。(^^;)