本文は下記に掲載しています。




めったに見れない、工事中の那覇港浦添ふ頭地区臨港道路がみえたので、思わず写真を撮ってしまいました!(^^)

 

naha_urasoe_rinkoudouro_01

naha_urasoe_rinkoudouro_02
(分かりにくいですが、米軍基地の向こう側に見える橋が那覇港浦添ふ頭地区臨港道路です。)

 

内閣府 沖縄総合事務局 事業評価監視委員会審議資料 那覇港浦添ふ頭地区臨港道路(PDFがダウンロードされます。)

 

国道58号線(那覇⇔浦添⇔宜野湾)のバイパスとなるので、渋滞の緩和が期待されています。

 

賛否両論あると思いますが、浦添市民の私はとても期待しています。だって、朝・夕の58号線の渋滞って酷すぎますもん!!

 

特に、夕方早く帰宅したいとき臨港道路を通行したい!! 渋滞を迂回して那覇市からダイレクトに浦添にアクセスできます。これはとてもイイ!!

 

米軍基地がある場所は、沖縄でも良い場所が多く、キャンプキンザーも例外ではなくて、立地も良いし、眺めも良いし、海岸線も戦前の状態がそのまま残っていると聞くので、開発工事には複雑な心境になりますが、環境に配慮しつつ工事がなされているらしいので、渋滞緩和を期待して、臨港道路の開通を楽しみにしたいと思います。

 

沖縄はどんどん変わっていきますね。キャンプキンザーは返還が予定されてて、那覇市小禄や那覇市新都心と同じように都市開発が計画されていますが、情勢を見てみますと、返還はしばらく先になりそうです。

 

返還に先立って開通される、那覇港浦添ふ頭地区臨港道路の成否は、キャンプキンザーの返還時期に少なからず影響を与えそうですね。