スバル XV 試乗

ヴェゼル、CX-3と試乗してコンパクトクロスオーバーSUVの良さを知って、マツダのアイアクティブセンスやホンダセンシング等の最新の運転支援技術を目の当たりにすると、元祖運転支援システム「アイサイト」ようするスバルXVが気になり始め、思い切って新沖縄スバルに行ってきました。スバルディーラーに行ったのは約7年ぶり。会社の車の修理で行った以来だはず…。なぜか緊張しましたが懐かしかったです。

 

スバル XV

 

■デザイン

subaru_xv001
スバル XV ポップスター 特別仕様車

 

ヴェゼルはフィット、CX-3はデミオを基にしているように(マツダはデミオとは全く違うと言いますが…)、XVはインプレッサを元にしたデザインですね。というか素人の私にはほとんど同じに見えます。(同じと言うと色々な方に怒らそう…。) 前からずっと思っていたんですが、スバル車の特徴としてフロントオーバーハングが他社と比べて長いですよね。水平対向エンジンで四駆だから構造上そのようになってしまうのかもしれません。

 

subaru_xv002
運転席

 

特別仕様車ポップスターなのでオレンジ色のステッチがあって、その名の通りポップな感じ。座り心地は可もなく不可もなくです。調整は電動式。ヴェゼルやCX-3は手動でしたから、おおっ!?高級感だしてる!!と思いました。電動って微調整できるから良いですよね。(^^)d 944S2を思い出します。シートの高さは絶妙で、試乗し終え下りる時にスーッと気持ちよく立ち上がれたのには感動しました。よく考えられてます。腰痛持ちやご年配の方々は購入の決め手になるかも…。

 

subaru_xv003
インパネ。

 

メーターは大きなタコメーターとスピード計があってオーソドックスなデザイン。エンジンをかけると針が最大まで振れて最小に戻るという凝った演出がなされてました。カッコイイ!! また、そのタコメーターとスピード系の間に液晶があって先進的な雰囲気もあります。この液晶には燃料系やオドメータ等がすっきりまとめられてて見やすいです。センターにあるマルチファンクションディスプレイは、こちらもエアコンや燃費等の情報がすっきりまとめられてて関心しました。とても合理的です。ひとつだけ気になったのは、エアコンのダイヤルがマルチファンクションディスプレイから下に離れすぎていること。操作したときに少し違和感を覚えました。工夫が必要かもしれません。

 

このインパネってレヴォーグ、フォレスター、インプレッサ、WRXと同じなんですよ。違う車種なのに同じデザインを採用するなんて驚きです。スバルってとても合理的なんですね。

 

subaru_xv004
後部座席

 

運転席と同じくオレンジ色のステッチがあってポップな感じです。CX-3と比べてタイトな感じは受けません。座り心地は運転席同様、可もなく不可もなくです。外観は低くスッキリしたデザインですが、天井は十分高く髪の毛が当たる事はありません。関心しました。

 

subaru_xv005
後部座席ドアの固定金具。この金具がボディーのドア枠のくぼみにハマる事で、側面からの衝突時に変形を抑えてくれるそうです。初めて見ました。勉強になります。

 

XVのドアって閉めるときドスンって低い重たい音がします。ボディーがしっかり作られてるって証拠です。このようにドアを何度が開け閉めしながら音を聞く事でボディーの出来を確認できるんです。よかったら試乗するときに色々な車で試してください。しっかりしたボディーは直ぐ分ります。因みに944S2はXVのような低い重たい音にカッチンという金属音が加わります。金庫のドアみたいです。

ページ:

1

2


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ブログの記事をまとめた書籍をAmazonで出版!!



メルマガ


944S2の近況、メンテナンス記録、WEBページ更新などをお伝えしようと思ってます。よかったら是非ご登録下さい!!

メンテナンスが有り次第、随時メルマガ発行致します!!