マツダ CX-3 試乗 ナチュラル・サウンド・スムーザーの効果を感じ取る事ができました!!

改良されたクリーンディーゼルがとても気になっていたので、先週2/27(金)に発売開始されたCX-3を試乗してきました。

 

マツダ CX-3

 

■デザイン

mazda_cx3_001
セラミックメタリックのCX-3 これからのスタンダードな車種になることを目指しているのと、未来から来た車を表現した色だそうで、一押しの色だそうです。グレードはXD。

 

mazda_cx3_002
XD Touring L Packageの運転席。ダッシュボードは実際に革張りしたダッシュボードを3Dスキャンして、革張り風に仕上げたそうです。そのほうがコストを抑えながら高級感が出せて、実際の革にあるような縫い目のしわを防ぐことができるそうです。手入れが楽そうですね。

 

シートは太っている私でも十分な大きさが感じられるサイズでした。座り心地は低反発クッションでニュルっとした感じになっており、心地良い沈み感があってお餅に座っているみたいです。素晴らしいシートだと思います。

 

mazda_cx3_003
XD Touringの運転席。シートの合皮がおススメということなので、実際に見てみるととても良かった!! XD Touringで十分かもしれません。

 

mazda_cx3_004
XD Touring L Packageの後部座席。ゆったりではありませんが窮屈には感じられませんでした。天井は高く無いですが髪の毛が当たるようなことはありません。ちょうどよいタイト感です。

 

室内の質感は価格帯からして素晴らしいの一言です。始めに見てたのが一番下のグレードって知らなくて、後で知らされとても驚きました。こだわりを感じます。運転席は意外にも広く感じました。ヴェゼルもそうだったんですが、ドアの内張りを凹ませる等して広く感じられるよう工夫されています。

 

中央のエアコン噴き出し口も、十分の風量が得られる開口にしつつ、噴き出し口とは分からないようなこだわりのデザインになってて、スッキリしてて好感が持てました。このようなスッキリ感が広さを感じられる要因の一つだそうです。

 

外観はデミオに似ているように感じますが、よく見ると違ってて躍動感があります。フロントグリルは赤いアクセントなどがあるデミオのほうがカッコいいかも。

 

ページ:

1

2


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ブログの記事をまとめた書籍をAmazonで出版!!



メルマガ


944S2の近況、メンテナンス記録、WEBページ更新などをお伝えしようと思ってます。よかったら是非ご登録下さい!!

メンテナンスが有り次第、随時メルマガ発行致します!!