修理状況報告第6号です!!

 

板金作業前の、他の整備が始まりました!! 細かく見てみると追加が出てきてます…。 詳しくは以下に通りですが、う~ん… やっぱり色々と出てきますね~。(T-T)

 

repair_status006_001
再度ピットに上がりました。いよいよ本格的に直していきます!! もう後戻りできません。腹くくります。(^^;)

 

repair_status006_002
フロントロアアーム。左右端にあるボールジョイントを修理しました。

 

repair_status006_003
ロアアームボールジョイントの拡大写真。中身(ボールジョイント、抑えのブッシュ、バネ)と蓋は取り替えました。今回抑えのブッシュは真鍮製なので、耐久性はバッチリだと思いますが、要経過観察です。

 

repair_status006_004
取外したボールジョイント、抑えのナイロン製ブッシュ、バネ、蓋です。ナイロン製ブッシュとバネはボロボロでした…。そもそもナイロン製ブッシュに問題があるかも…。なぜこのような設計にしたんだろう…。

 

repair_status006_005
燃料タンク、燃料ポンプ、燃料フィルター写真。燃料ポンプは新品ですが、燃料フィルターとそれぞれをつなぐホースは交換しなければならないかも…。燃料フィルターと燃料フィルターからエンジン方向のホースは準備してたんですが、写真に写っている燃料タンクと燃料ポンプ間、燃料ポンプと燃料フィルター間の、それぞれ2つのホースも交換が必要かもしれません。またパーツ探さないといけないです。(T-T)

 

repair_status006_006
ステアリングギアボックス。オイル漏れしてました…。(T-T) リビルト品に交換という方法もありますが、今回はリビルトキットが安く手に入るという事なので、整備工場でオーバーホールしてもらうことにしました。ステアリングギアボックスのオイル漏れは、よくある事例のようです。製造から30年近く経ちますから仕方ないですね。

 

どうしても色々と出てきてしまいますね。この際、可能な限り必要な個所は修理しますが、持ち越せるものは保留ということで…。けれども部品代の追加は痛い…。(T-T)