実は購入した時から懸案事項ありまして、それはブレーキ系警告灯の点灯…。(T-T) 精神衛生上よろしくないので、ディーラーにて修理してもらいました!!

 

その結果、色々な発見があったので、ブログにアップします!! 購入当初の乗り味について色々と書きましたが、いくつか訂正しなければなりません…。エスティマハイブリッドって奥が深いです…。

 

estima_hybrid_brake_system warning_light001

警告灯はこのように点灯してました。上の段は「ブレーキ警告灯」、下の段は左から「VSC」「ABS」「電子制御ブレーキ警告灯」です。ブレーキ系の警告灯オンパレードです…。(^^;) 販売店曰く、「フロントのブレーキパットを交換したらこのような警告灯が出た」との事ですが、基本的に現状販売だった事(ブレーキパットがほとんど残ってなかったので特別に交換してくれたけど…。)と、走行可能という事で、自己負担で修理することとなりました。(T-T)

 

というわけで、ディーラーへ。ハイブリッドシステムの故障で高額だったらどうしようと不安(対応したスタッフにも、ハイブリッドシステムの故障化もしれないと言われ、さらに不安倍増…涙)でしたが、ハイブリッドはハイテクの塊なので、素直にディーラーにお願いすることにしました。

 

点検の結果、原因はブレーキマスターシリンダーのリザーバータンク内にあるセンサーが故障との事。ホッと一安心です。(^^)d 部品の在庫が無いとの事で後日入庫となりました。

 

因みに、ついでにリコール対策済みか確認してもらったところ、すべて対策されているとの事でした!! メンテナンスもしっかりなされていたようです。思い切って購入してよかった!! 前のオーナーさんに感謝です!! しばらくは安心して乗れそうです。(^^)d

 

estima_hybrid_brake_system warning_light002

後日リフトアップされた愛車。バッチリ整備してもらいました!!

 

痛い出費ですが、リフトアップしている愛車を見ているとワクワクしてきます。今回は私自身なにもできませんが、何であれ、車の事にかかわれている時ってやっぱり楽しいです!!

 

estima_hybrid_brake_system warning_light003

修理後、見事に警告灯が消えました!! さすがですね!! 当たり前と言えば当たり前ですが…。これでやっとシステムオールグリーン、各システム正常に作動中です。(^^)d

 

さっそく走行フィールのチェックとなりましたが、感動するくらい変化がありましたので報告致します!!

 

まずブレーキフィールに大きな変化がありました!! 購入当初の感想では、ブレーキペダルの踏み込み量が深く、「しっとり」もしくは「もっちり」した感覚と書きましたが、本来のフィーリングは違ってました。鋭く制動力が立ち上がる「カチッ」としたブレーキフィールです。浅い踏み込み量でブレーキが効いてしまうので、あまりの違いに戸惑ってしまい、カックンブレーキ連発してしまいました。(^^;)

 

また、停止直前にガクガクと震える振動も見事に無くなってました!! かなり不快な振動だったので凄く嬉しいです。ブレーキ系の故障が原因だったんですね。思い切って修理して本当に良かった!!

 

最後にもう一つ変化があって、それは、ブレーキを踏み込んでの停車時に、駆動力が発生しなくなったことです!! クリープ現象は不要なのに…と不満だったんですが、本来は無かったんですね!! 嬉しい誤算です!! やっぱりそうですよね!! ブレーキ系の故障が原因で停車時の状態にまで影響が出るなんて…。良い勉強になります。

 

今回のブレーキ系の故障は、おそらく、ブレーキパット交換時にブレーキフルード交換の失敗が原因で、マスターシリンダーのリザーバータンク内のセンサーを壊してしまったからかもしれません。ハイブリッドの整備はディーラーに任せたほうが良いと聞きますが、本当だと感じました。

 

 

estima_hybrid_brake_system warning_light004

ついでに、リア右のコーナーセンサーが割れて、みっともなかったので交換しました。綺麗な丸に戻って満足なんですが、その代わりにバンパーの傷が気になり始めました…。頃合いを見計らって直そうと思います。