回想シリーズ16回目は、O2センサーについての回想です。

なぜO2センサーを交換したかと言いますと、前回掲載にも書きましたが、忘れたころに発生するアイドリングが不安定になる症状に悩まされていたからです。

 

前回掲載 2011年12月30日

O2センサー交換!!

 

疑わしい箇所はすべてチェックし、色々な方法を試しましたが、全くダメで、どうにかならないものかと常々思っていました。

 

それで、他に原因がないかとネット検索していると、どうやらO2センサーが怪しいという結論に行き着きました。

 

確かにアイドルスタビライザーの不調が原因の場合がありますが、その際にはアクセルを踏んでも進まないほど運転できなくなるそうです。

 

しかし、運転に支障がでるほどではないので、残るはO2センサーとなります。その理由として、エンジン制御コンピュータではO2センサーが温まってから、O2センサーの信号が使用されるそうです。つまり、常にO2センサーの信号は使用されてないんですね。そのことが、たまに発生するアイドリングが不安定になる原因となってたいわけです。

 

???????????????????????????????
取寄せたO2センサー

 

交換後はと言いますと、確かにアイドリング安定しました!! 購入してからずっと悩まされてたので、晴れ晴れとした気持ちになり、とても嬉しくて仕方なかったです。\(^^)/ ネットで情報が調べられる時代になったことと、先に同じ悩みの解決策を投稿してくれた、先人たちに本当に感謝の気持ちでいっぱいでした。

 

ただ、O2センサーを交換して約1ヶ月後に自損事故を起こしてしまい、短期間の経過しか見ていないので、100%直ったとは言い切れないですが、手応えはあったので、完治で間違いないはずです。(^^)d 修理から帰ってきたら、アイドリングの経過観察をしていきたいと思います。結果はいずれ報告しますね。今度こそ直っててくれ~。

 

ネットを見てますと、ポルシェに限らず、色んな車種でO2センサーの故障によるアイドリングの不調が起きているようです。もし、愛車でアイドリングが不調になったら、O2センサーも調べたほうがいいかもしれません。

 

追記:経過観察で思い出したんですが、O2センサーが直ったのを機に、Torque Proで空燃比のチェックもしてみたいと思います。ROMチューンしたんですが、綺麗に理想空燃比が出ているか確かめてみたかったんです。修理に出している間にスマホが台頭し、アプリで簡単に空燃比が見れるようになったので、トライしてみようと思います。ほんの数年前は苦労して空燃比計を取り付ける必要があったんですが、今っとなってはスマホで簡単にできてしまいます。本当凄い時代になりました…。(^^)d