懸案事項の1つだった、助手席が手動でしか施錠が出来ない状態ですが、やっとやる気になったので修理する事にしました…。(^^;(体調が悪かったのでしかたなかったのです…。)原因は大体分かっていたのですが、まさかの部品破損に焦ってしまいましたけど、結束バンドで何とか代用できました!! 修理の状況は以下の通りです。(^^)d

 

助手席の内張。周囲のビスや部品を外しながら内張を外していきます。

 

まず、ドアスピーカーを外します。

 

上記写真が外したスピーカーとその備品。取り付ける時にビスのプラスチックのワッシャーを突き通すのが結構難しいです。

 

パワーウィンドウスイッチ。2本のビスと裏側にあるコネクターを外します。

 

取っ手も外します。下側に3本のビスで止まっています。このビスも斜めに差し込みながら取り付けるので、結構難しいです。

 

ドアノブの内側に隠れているビスも外します。

 

内張を外した状態。右側から防水シートをはがし、集中ドアロックのアクチュエーターが触れるようにします。

 

ドア内張の裏側。中央右側にある金具は取っ手の上部分が突き抜けているのですが、この金具をドアの骨組みに引っ掛けることで、内張を固定するのに一役買っています。それで、内張を引きはがすためには、金具の長さ分引き上げてからでなければ内張は外れません。

 

やっと見えたアクチュエーター。右側にある白いプラスチックが外れているために、施錠が手動になってしまっています。これを取り付ければ完了と思っていたのですが…。

 

白いプラスチックのアップ写真。簡単にはめ込めるんですがくっ付きが弱いです。何かがおかしいと思っていると…。

 

何とピロボールをはめ込んで締める部分が欠けていました!! これではすぐ外れてしまいます…。部品発注となると時間と予算が掛かってしまう…。

 

どうしようと考えた末、細い結束バンドで締めて、ピロボールが簡単に外れないようにしてみると、上手くカッチとはまり外れにくくなりました!!(^^)d

 

逆の順番で内張を取り付け、テストしてみると…。

 

無事集中ドアロックで施錠できました!! 何とか直って一安心です。