美ら島サッカーキャンプ2015が始まりました!

 

美ら島サッカーキャンプ

 

Jリーグ13球団と大学1チームがキャンプするようです。スケジュールは以下の通り。

 

ガンバ大阪  1月14日~22日  中城村ごさまる陸上競技場

FC東京  1月22日~30日  国頭村陸上競技場

ヴィッセル神戸  1月23日~30日  読谷村残波岬サッカー場

V・ファーレン長崎  1月24日~31日  八重瀬町東風平サッカー場

横浜・F・マリノス  1月25日~30日  中城村ごさまる陸上競技場

ジェフユナイテッド市原・千葉  1月26日~2月3日  南城市陸上競技場

コンサードーレ札幌  1月26日~2月15日  金武町陸上競技場

サガン鳥栖  1月下旬から2月中旬  読谷村陸上競技場

FC岐阜  2月1日~9日  八重瀬町東風平サッカー場

水戸ホーリーホック  2月4日~12日  読谷村残波岬サッカー場

川崎フロンターレ  2月6日~14日  中城村ごさまる陸上競技場

グルージャ盛岡  2月6日~17日  うるま市多種目球技場など

名古屋グランパス  2月9日~17日  南風原町黄金森陸上競技場

城西国際大学  3月14日~19日(予定)  南城市陸上競技場

 

昨年度は8億8600万円の経済効果があり、今年はすでにキャンプが終わった2チームを含めると、最多数のチームがキャンプすることになりますから、さらなる経済効果が期待されますね。

 

ただ、同じ施設をいくつかのチームで使用しているので、今後の課題として施設を増やすことと、芝の管理が重要なんだろうなと思います。

 

特に芝の管理が大切だはずです。沖縄は本土と違って土壌と気候が違うから、雑草との戦いで大変だろうと思いますけど、サッカーは芝が命だはずですから、管理者は沖縄での芝の管理方法を確立してほしいです。そうすれば、さらに多くのチームが沖縄でキャンプしてくれるはず!!

 

冬の沖縄がプロ野球のキャンプで盛り上がるように、サッカーも多くのチームに来てもらうことでどんどん盛り上がって、沖縄県の経済やサッカーが大好きな子供たちのためになってほしいですね!!