20プリウスにもリジカラ取り付けました!! やっぱり効果てきめんです!!

プリウス NHW20
スポンサーリンク

ヘスティマハイブリッド(AHR10W)に取り付けて、はっきり効果が出ることは分かっていたので、20プリウスにも取り付けしたいなと前々から思ってて、今回、実行に移すことにしました!!

リジカラ - 車体を剛体化する小さなアルミパーツ
クルマを"剛体化"し、理想の走りを実現する先進的パーツ。あらゆるメーカーに対応し、約800車種に対応。

■取り付けの様子

フロント用リジカラ

フロントサブフレームとボディーの取付箇所(4箇所)に使うリジカラ。

リア用リジカラ

リアのトーションビームに使用するリジカラ。左右にそれぞれ1個づつ使います。

リフトで上がった愛車20プリウス

下回り綺麗でした!! リアのトーションビーム意外と作りがしっかりしてるんですね。さすがトヨタ!!

フロントサブフレーム右側前方のリジカラ取り付け部分

上側のボディとサブフレームの間と、下側のサブフレームとボルトの厚いワッシャーの間2か所にリジカを挟みます。薄くブロンズ色に光っているのがリジカラです。

フロントサブフレーム右側後方のリジカラ取り付け部分

ボディとサブフレームの間に取り付けたリジカラを写すことができませんでした。ボルトとサブフレームの間に取り付けるリジカラは薄っすらと移っています。

フロントサブフレーム左側前方リジカラ取り付け部分

右側同様、リジカラが光って見えますね。

フロントサブフレーム左側後方リジカラ取り付け部分

何とか下側のサブフレームとボルトの厚いワッシャーに挟まっているリジカラを写すことができました。(薄く光ってます)上側はサブフレームが大きく密着してしまうので写真は撮れないです。

■インプレッション

それでは、インプレッションに移りたいと思います。取り付けて二日しかたっていませんが、低速、中速、高速とあらゆる速度域を試すことができました。しかし、あくまでも参考程度に読んで下されば幸いです。

ハンドルのフィーリングには変化を感じず

エスティマハイブリッドの時に、ハンドルの操作感に一番変化が現れたので、今回期待大だったハンドルのフィーリングは、見事に期待を裏切られ変化を感じられませんでした。(T-T) ただ、強いて言うならば、回転は気持ち滑らかになったかなと感じます。

引き締まった足回りだけど、バタバタしているわけではなく好感が持てる!!

引き締まった足はそのままなんですけど、路面の凸凹はバタバタとやり過ごすのではなく、トントンと乗り越えていきます。

また、驚いたことに、20プリウスで初めてショックアブソーバーの動きをはっきりと感じ取れることができました!! これには思わずニヤけてしてしまいました。

なぜ動きが感じ取れたかと言うと、サブフレームとトーションビームが設計通りの位置に取り付けれたことと、ボディとサブフレームがしっかりくっ付いたことで、サスペンションが動くようになったであろうと思われます。

エンジン始動の不快な振動が無くなり、スムーズな回転フィールに変化!!

エスティマハイブリッドの時もそうだったんですが、20プリウスではさらに不快な振動を感じなくなり、始動もスムーズで”スッー”と動き始めます。フルスロットルの加速も試してみましたが、エンジンの回転が見事にスムーズで小刻み良い回転に変わってて好感が持てました。

ただ、その回転フィールが気持ち良いかと言われればそうでもなくて、バランスシャフトが搭載されてたらなぁと思います。
ちなみに、バランスシャフトが搭載されている、エスティマハイブリッドは、リジカラを取り付けたことによって、気持ち良いエンジン回転フィーリングになってるんですよね~。リジカラ本当に凄いです!!

取り付けて二日しかたっていませんし、リジカラって後からじわじわと効果が分かってくるパーツなので、1ヶ月位じっくり観察したいと思います。

また、変化が現れたら記事をアップします!!