シフトノブカバー張替の回想です。当時を振り返って追記します。(^^)

 

前回掲載 2010年 9月10日

シフトノブ

 

???????????????????????????????
カバーを外したシフトノブ。

 

当時の記録を見ると、購入から5年間もほったらかしてたんですね。お恥ずかしい…。シフトノブのカバーが破れてるのが購入当初からの悩みでした。

 

テニスラケットのグリップに巻くテープで補修していましたが、しばらくするとずれてくるので、テープははずして、シフトノブのカバーを切ってノブが出てくるようにして使用してました。しかし、汗で時々滑るんですよね。(T-T)

 

 

そのような時、アメリカの部品商の方にリペア用のシフトノブカバーを教えてもらい取り付けました。汗かいても滑らないし、皮の良い匂いがするし、とてもうれしかったのを覚えています。アメリカには色々なリペアパーツがあるので本当に助かりますね。(^^)d

 

shift_knob
シフトレバーに新しいカバーを取り付けたところ。

 

ちなみにこのシフトノブ、社外品があるそうですが、重さがまったく違うらしく、シフトフィーリングがとても悪くなるようです。純正品はけっこうずっしりとしており、この重さがベストのようです。

 

 

???????????????????????????????
シフトノブを外したところ。ずっしりと重い。