修理状況報告(5)

修理状況報告第5号です!!

 

外板の仮組は問題無く取り付けられたので、エンジンルームの補器類取り付けに取り掛かりました。外板は塗装の段階で本組します。

 

repair_status005_001
補器類を取付ける為に外板をいったん取り外した様子。

 

この写真を撮った時、944S2のボディって改めて凄いな~と思ったんですけど、というのも、ウマを前だけに掛けた状態でもボディがビシッて真っ直ぐなんですよ!! しかも、この状態でドアの開閉が普通にできるんです!!

 

凄くないですか??

 

一般的にこの状態ならボディがたわんでますから、ドアを開けて閉めると微妙にズレてドアが閉まってしまうんで、開閉厳禁状態なんですけど、944S2はなんの問題も無く開閉できちゃうんですよね~。

 

しかし、歪んだフレームは引っ張り出すとすんなり元に戻る、何の変哲もない普通の鉄板だったそうです。それなのに何故ボディ剛性十分にあるのか不思議でたまりません。

ページ:

1

2


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ブログの記事をまとめた書籍をAmazonで出版!!



メルマガ


944S2の近況、メンテナンス記録、WEBページ更新などをお伝えしようと思ってます。よかったら是非ご登録下さい!!

メンテナンスが有り次第、随時メルマガ発行致します!!