BOSCH MOTORONIC DME ROMが取り外せる珍しいエンジン制御用コンピュータ。奥が深いです。

回想シリーズ3回目は、エンジン制御用コンピュータの回想です!!(^^)

 

前回掲載 2010年 9月13日

DME

 

dme
DMEを開けたところ。

 

前回掲載のメンテナンス記録。そっけない文章ですね…。お恥ずかしい…(–;)

 

湾岸ミッドナイトの影響もあって、エンジンのセッティングに興味をもったものの、スキルや機器が足りないので、自分自身でのセッティングはあきらめ、プロが作ったROMを取り寄せました。それで、メンテナンス記録にそのROMを取り付けた様子を書いているようです。(^^;)

 

本音を言えば、このような恥ずかしい文章を、掲載したくないです…。(–;)

 

でもなぜ、今回取り上げたかといいますと、ポルシェ944S2に使用されているエンジン制御用コンピュータって、とても興味深いんです。

 

このエンジン制御用コンピュータは、BOSCH MOTORONIC DME(ドイツ語 Digitaler Motor elektronischの略)と言い、同じ年代の車では、BMWでも使われているそうです。そのDMEがなぜ興味深いかと言うと、データが収められているROMが取り外せるからです。

 

rom_impression
DME 助手席のマットをめくると出てくる黒い板を取り外すと、DMEが出てきます。

 

ページ:

1

2


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ブログの記事をまとめた書籍をAmazonで出版!!



メルマガ


944S2の近況、メンテナンス記録、WEBページ更新などをお伝えしようと思ってます。よかったら是非ご登録下さい!!

メンテナンスが有り次第、随時メルマガ発行致します!!