マツダ プレマシー 試乗 素晴らしい乗り心地でした!!

 

エンジンルーム等色々と写真を撮りたかったですが、試乗した日は天気が悪く次第に大雨になってきて、4枚しか写真が撮れませんでした。マツダ車のエンジンルームって独特なんですよね~。残念…。

 

■インプレッション

運転しての感想ですが、どうしてもフリードと比べてしまいますが、乗り心地は一クラス上と言っても過言ではないと思います。さすがスカイアクティブを作り上げるために開発されたとあってレベルが高いです。

 

たとえば、路面の凸凹の振動や衝撃をほぼ完ぺきに抑え込んでいると思います。不快な振動は皆無ですし、衝撃を受けても「コトンコトン」と上品にいなします。これは凄いです!! 高級車と比べても遜色ないと思います。サスペンションはフロントはマクファーソンストラットですが、リアはマルチリンクなんですね~。レベルが高いのもうなずけます。

 

また、プレマシーは時速200km以上だせるようにボディを設計しているそうで、この高剛性ボディが高い乗り心地レベルに貢献していると言い切っていいと思います。ボディ剛性ってカタログ数値に出てきませんがとても重要なんだという良いお手本ですね。

 

運転操作に関しては、ハンドル、アクセル、ブレーキ共々少し重めでスポーツカーのようです。ステアリングはしっかりしてて路面からの情報も十分伝わり、癖がないスムーズな動きです。アクセルとブレーキは踏んだら踏んだ分だけ反応するセッティング。なので、初めて運転すると鈍感なセッティングなのかなと勘違いしてしまいますが、なれると自分の思った通りに反応が返ってくるので運転が楽しくなってくるはずです。しかし、妻には不評でした。女性でもなれれば問題なく操作できますが、ハンドル、アクセル、ブレーキそれぞれが少し重めなので、試乗くらいの時間では良い印象を与えないのかもしれません。素晴らしいセッティングなのに女性に対して損をしているように思います。

 

気になる点が一つあって、プレマシーはサスペンションセッティングが「ダイアゴナルロール」なんですけれども、このセッティングはドライバーが運転してて楽しく感じたり、運動性能で理にかなってたりしますが、同乗していた妻が気分が悪くなったらしく、車酔いに敏感な方は酔いやすいかもしれません。ただ、妻はトヨタ(シエンタはモデルチェンジ前ということで試乗しなかった)、ホンダ、マツダとディーラをハシゴして疲れていたためかもしれないと言っているので、日を改めてまた試乗し確かめたいと思います。晴れた日に試乗したい!!

 

CX-3の投稿でも書きましたが、プレマシーにSKYACTIV-D1.5とi-ELOOPとi-ACTIVSENSEが搭載されれば、最高のミニバンになるのにと思ってるんですが、どうもしばらくはマイナーチェンジやフルモデルチェンジはないらしいです。もったいないな~。さらに良い車になると思うけどな~。

 

それにしても、プレマシーはレベルが高く、ミニバンと言うよりは高級車です。ミニバンの購入を検討しているならば、是非試乗することをお勧めします!!

ページ:
1

2



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ブログの記事をまとめた書籍をAmazonで出版!!



メルマガ


944S2の近況、メンテナンス記録、WEBページ更新などをお伝えしようと思ってます。よかったら是非ご登録下さい!!

メンテナンスが有り次第、随時メルマガ発行致します!!