クラッチ盤交換について 944S2を整備する上で最難関整備!!しかし四輪駆動より手間はかかりません!!

回想シリーズ15回目は、今回は、944S2を整備する上で、最難関整備の一つと言っても過言ではないクラッチ盤交換についての回想です。

 

前回掲載 2011年12月30日

Replacement of clutch disc

 

クラッチ交換がなぜ最難関整備の一つかと言いますと、クラッチから後ろにあるトルクチューブやミッション等の駆動系のほとんどを降ろす必要があるからです。(T-T) しかも、部品代が何十万円とかかる…。

 

それゆえ、手間と費用がかかることから、944にとって(おそらく924も)難しくて敬遠される整備の一つとなっています。

 

しかしながら、実際に交換作業をしてみると、(実際には私がしているわけではありませんが…(^^;))、言われているほどの事ではないことに気が付きました。それには条件が2つあります…。

 

■1つ目の条件

まず、1つ目の条件は、部品代を抑えるために、アメリカから調達することです。私は同じ944乗りの方から紹介してもらったアメリカ在住日本人の部品商から調達しました。また、アメリカのインターネット通販でも簡単に安くで調達できますね。新品で購入すれば品質は全く問題ありません。

 

ちなみにかかった部品代は、

  • クラッチキット$700(Power Friction)
  • パイロットベアリング$7.60
  • ローラーベアリング$20.50
  • シール$24.25
  • 輸送費$154.10
  • クレジットカード手数料$42.00
  • 合計$948.45(当時の為替レート$1/¥84)

と、かなり安く調達できました。現在の為替レートでも十分安いと思います。

 

DVC00010.JPG
アメリカの部品商から取寄せた部品

 

DVC00015.JPG
取寄せたタイヤフラム

 

DVC00014.JPG
取寄せたタイヤフラム裏側

ページ:

1

2


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ブログの記事をまとめた書籍をAmazonで出版!!



メルマガ


944S2の近況、メンテナンス記録、WEBページ更新などをお伝えしようと思ってます。よかったら是非ご登録下さい!!

メンテナンスが有り次第、随時メルマガ発行致します!!