トヨタ THSⅡについての考察

ホンダのハイブリッドシステム「i-MMD」が気になって、その仕組みを調べていると、トヨタのハイブリッドシステム「THSⅡ」のことも気になりはじめ、脱線しつつTHSⅡについても調べてみると、なるほどそういうことだったのか!!と、とても感動しました!! トヨタのハイブリッドシステムは進化してたんですね!! つまらない内容かもしれませんが、備忘録として残しておきます。

 

トヨタ ハイブリッドシステム

 


トヨタ THSⅡ概要図 出典:トヨタ自動車株式会社

 

 

THSⅡとはToyota Hybrid System Ⅱの略です。説明するまでもないですね。(^^;) 4代目プリウスでも引き続き使用されてて、ニッケル水素電池とリチウムイオン電池の2種類の電池が使用されてたり、熱効率が優れたエンジンが搭載されてたりと、色々と興味深い仕組みがいくつかありますが、そのなかでも、THSⅡの特徴となっている「動力分割機構」が私としては断トツで興味深かったです!! 今さらながらとても感動しました!!(^^;)

 

というのも、動力分割機構があるおかげで、エンジンと発電用モーターと駆動用モーターの3つを直接つなげられるというのが素晴らしい!! クラッチが必要ないんですよ!! 凄くないですか?? 驚きです!!

 

どのような仕組みになっているかというと、3種類のギアを使っているんですが、まず、「中心のギア」に発電用モーターをつなげ、「その中心のギアを周回する小さなギア」にエンジンをつなぎ、そして、「中心のギア」と「その中心のギアを周回する小さなギア」の「外周を円で囲むギア」に駆動用モーターをつなげてます。これを「遊星歯車機構」と言いますね。

ページ:

1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

メルマガ


944S2の近況、メンテナンス記録、WEBページ更新などをお伝えしようと思ってます。よかったら是非ご登録下さい!!

メンテナンスが有り次第、随時メルマガ発行致します!!